プレースキックとは?用語の意味や蹴り方などわかりやすく解説!

プレースキックとは?用語の意味や蹴り方などわかりやすく解説!

プレースキックとは、地面に置いたボールを足でインパクトするキックのことです。
「プレース」は「置く」という意味の「Place」となり、直訳すると「置かれたキック」です。
このプレースキックがうまくできれば、サッカーのプレーの質が上がります。

一方、プレースキックを誤れば、マイボールを失います。
具体的には、プレースキックを失敗すれば、味方にボールが渡らなかったり、アウトオブプレーになります。
そうなれば、相手のチャンスが増えてプレーが不利になるというわけです。

こうした良くない状況を回避するために、プレースキックの基礎を抑えて、キックの精度を高めましょう。

この点踏まえて今回は、プレースキックの用語の意味や蹴り方など中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

プレースキックとは?

プレースキックとは、地面に置いたボールを足でインパクトするキックのことです。

例えば、試合中にファウルをされたとします。
この場合、ファウルをされた地点にボールをセットして、そのボールを蹴ります。
つまり、試合が一旦ストップした直後に地面に置いたボールを足で蹴ります。
これがプレースキックというわけです。

プレースキックの蹴り方

プレースキックの蹴り方・コツを種類別に解説します。

キックオフ

プレースキックの蹴り方に、キックオフがあります。
キックオフとは、コートの中心に置いたボールを蹴って試合(プレー)を開始、再開することです。

例えば、試合中にシュートしたボールが相手のゴールに入り得点になったとします。
この場合、相手のチームはボールをセンターサークル内のセンターマークに置きます。
その置いたボールを蹴って試合を再開します。
これが、キックオフであり、プレースキックの蹴り方というわけです。

ゴールキック

プレースキックの蹴り方に、ゴールキックがあります。
ゴールキックとは、ゴールエリア内の任意地点に置いたボールを足でインパクトするキックのことです。

例えば、相手の打ったシュートがゴールから外れて、ゴールラインから出たとします。
この場合、自分のチームのマイボールからプレー再開ができます。
プレーを再開するために、まず、ボールを拾ってゴールエリアのライン上にそのボールを置きます。
置いたボールを静止させた状態で蹴ります。
これがゴールキックであり、プレースキックの蹴り方というわけです。

フリーキック

プレースキックの蹴り方に、フリーキックがあります。
フリーキックとは、試合中のファウル(反則)によって特定の場所にセットしたボールを蹴ることです。

例えば、ドリブル中に相手チームの選手に足をかけられて、転倒したとします。
この場合、ファウルです。
そうなれば、そのファウルされた位置にボールを置いて静止させます。
そのボールを蹴ることがフリーキックであり、プレースキックの蹴り方というわけです。

ペナルティーキック

プレースキックの蹴り方に、ペナルティーキックがあります。
ペナルティーキックとは、ペナルティーマークに置いたボールを蹴ることです。

例えば、相手の選手がドリブルでペナルティエリア内に侵入してきたとします。
この場合、ピンチです。
なので、その選手からボールを取るために、体を寄せてチャージしに行きます。
このときに、ボールではなく足を蹴ってしまい相手の選手が倒れました。
そうなれば、ファウル(反則)なのでペナルティーマークにボールを置きます。
置いたボールを静止させた状態で蹴ります。
これがペナルティーキックであり、プレースキックの蹴り方というわけです。

コーナーキック

プレースキックの蹴り方に、コーナーキックがあります。
コーナーキックとは、コーナーアーク(コーナーエリア)内の任意地点に置いたボールを足でインパクトするキックのことです。

例えば、シュートしたボールを相手のゴールキーパーがはじいて、そのボールがゴールラインから外側に出たとします。
この場合、自分のチームのマイボールからプレーが再開できます。
プレーを再開するために、外側に出たボールを拾って、そのボールをコーナーアーク内の任意地点に置きます。
置いたボールを静止させた状態で蹴ります。
これがコーナーキックであり、プレースキックの蹴り方というわけです。

プレースキックで避けたいこと

プレースキックで、ボールの置く位置を誤ることは避けましょう。

例えば、相手陣地のペナルティーエリア内でファウルをもらってPKを得たとします。
このときに、通常はペナルティーマークの上にボールを置きますが、ペナルティーマークの上から少しずれたところにボールを置いたとします。
そうなれば、主審に注意されたり、最悪は蹴り直しになる可能性が高まるというわけです。

こうして、ボールの置く位置を誤ることが、プレースキックで避けたいことです。

まとめ:プレースキックの基礎を抑えて、キックの精度を高めよう

プレースキックの基礎を抑えて、キックの精度を高めましょう。

一方、プレースキックの基礎が乏しければ、キックの質が下がります。
具体的には、キックオフやフリーキック、ペナルティーキック、ゴールキック、コーナーキックの蹴り方を誤れば、ボールを失います。
そうなれば、相手のチャンスが増えて、プレーが不利になりやすいというわけです。

こうした悪い状況を回避するために、プレースキックの基礎を抑えて、キックの精度を高めましょう。

-サッカーの記事一覧
-

©2022 サッカーアルファ(α)