ペナルティーキックとは?PKの定義やルールなど徹底解説!

ペナルティーキックとは?PKの定義やルールなど徹底解説!

ペナルティーキックとは、ペナルティーマークに置いたボールを蹴ることで、PK(Penalty Kickの略)とも呼ばれます。
このペナルティーキック(PK)は、いくつか特徴やルールがあります。
このキックがうまくいけば、得点につながります。

一方、ペナルティーキックを誤れば、キーパーに止められたり、ファウルになります。
そうなれば、得点できないのでプレーを有利に進めることができません。
結果、勝利を逃して、試合に引き分けたり負けにつながります。
こうした良くない状況を回避するために、ペナルティーキックの意味を理解して、プレーを有利に進めましょう。

この点踏まえて、今回は、ペナルティーキックの定義やルールなど中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

ペナルティーキックとは?

ペナルティーキックとは、ペナルティーマークに置いたボールを蹴ることを意味し、PK(Penalty Kickの略)とも呼ばれます。

例えば、相手の選手がドリブルでペナルティエリア内に侵入してきたとします。
この場合、ピンチです。
なので、その選手からボールを取るために、体を寄せてチャージしに行きます。
このときに、ボールではなく足を蹴ってしまい相手の選手が倒れました。
そうなれば、ファウル(反則)です。
結果、ペナルティーキックになるというわけです。

ペナルティーキックの特徴

ペナルティーキックは、いくつか特徴があります。

サッカーを知るには、プロの試合を見ることが重要!DAZN 無料体験はこちら⇒

ルール改正されたことがある

ペナルティーキックは、ルール改正されたことがあります。

例えば、ボールがけられる前にゴールキーパーが飛び出したが、そのボールがゴールを外れたりゴールポストやクロスバーから跳ね返ったとします。
この場合、ゴールキーパーの飛び出しが明らかにキッカーに影響を与えていない限り、キックを再び行わないとルール改正されました。
ルール改正前は、蹴り直しになってました。
このルールは、2020/21年の競技規則改正についての「ペナルティーキックおよびペナルティーマークからのキック」の項目で適用になってます。
つまり、ルールが改正されたことがあるというわけです。

このように、ルールが改正されたことがある点が、ペナルティーキックの特徴です。

PKとPK戦がある

ペナルティーキックは、PKとPK戦があります。

例えば、プレー中にペナルティーエリア内に侵入してきた相手選手にファウルしたとします。
この場合、PK(ペナルティーキック)です。
このPKは、ファウルされた攻撃側チームの選手1人だけが1回のみペナルティーキックするルールです。

一方、トーナメント戦で両チームが同じゴール数となって、引き分けで試合が終了したとします。
この場合、どちらか一方のチームを勝利とする必要があるので、続けてPK戦が行われます。
このPK戦は、両チームそれぞれ5人の選手が交互にペナルティーキックするルールです。

このように、PKとPK戦がある点が、ペナルティーキックの特徴です。

距離がゴールの中央から11m(12ヤード)

ペナルティーキックは、距離がゴールの中央から11m(12ヤード)です。

例えば、ゴールポストがあります。ゴールポストは、両端にそれぞれポストが立ってます。
それらのポストからゴールライン上を中央に向かって、真ん中の位置を決めます。
その真ん中からペナルティエリアの外に向かって、11m(12ヤード)のところがペナルティーマークの位置になります。
つまり、距離がゴールの中央から11m(12ヤード)というわけです。

このように、距離がゴールの中央から11m(12ヤード)である点が、ペナルティーキックの特徴です。

パスやキックフェイント、チップキックなどのトリックができる

ペナルティーキックは、パスやキックフェイント、チップキック(パネンカ)などのトリックができます。

例えば、キッカーが前方にパスしてボールを少し転がしたとします。
そのボールを、キッカーの味方選手が適正位置から走りこんでキックします。
また、ルールの範囲内でキックフェイントを使ってキックしたり、チープキックします。
この場合、トリックPKとなるわけです。

このように、パスやキックフェイント、チップキックなどのトリックができる点が、ペナルティーキックの特徴です。

成功率は75%前後

ペナルティーキックは、成功率が75%前後です。

例えば、ドイツのケルン体育大学ダニエル・メメット教授は、PKに関する著書もこれまでに多数出版し、PKについて長年研究を行ってます。
その研究結果として、PKの成功率は75%前後として報告されてるというわけです。

このように、成功率は75%前後である点が、ペナルティーキックの特徴です。

反則がある

ペナルティーキックは、反則があります。

例えば、ペナルティキック時に、ゴールキーパー含む守備側チームの競技者や、キックを行う競技者またはその味方競技者が不正行為を行います。
また、ボールに外的要因が触れるなどします。
そうなれば、競技規則違反です。
結果、反則(ファウル)になるというわけです。

このように、反則がある点が、ペナルティーキックの特徴です。

ちなみに、反則の場合は、主に再び蹴り直したり、関節フリーキックでプレーが再開されます。

直接得点できる

ペナルティーキックは、直接得点できます。

例えば、ペナルティエリア内にドリブルで相手選手が侵入してきたとします。
この相手選手にファウルします。
そうすれば、ペナルティーキックです。
なので、ペナルティーマーク上に置いたボールをゴールに向かって蹴ります。
そのボールがゴールに入れば、直接得点になるとうわけです。

このように、直接得点できる点が、ペナルティーキックの特徴です。

ペナルティーキックのルール

ペナルティーキックのルールがいくつかあります。
このルールについて、サッカー競技規則の14条に記載されてます。

ボールをペナルティーマーク上に置いて静止させる

ペナルティーキックは、ボールをペナルティーマーク上に静止させます。

例えば、ペナルティエリア内にドリブルで侵入したときに相手に倒されて、ファウルになったとします。
この場合、ペナルティーキックです。
なので、ボールを相手チーム側のペナルティーマーク上に置いて静止させるというわけです。

こうして、ボールをペナルティーマーク上に置いて静止させることが、ペナルティーキックのルールです。

ちなみに、ゴールポスト、クロスバー、およびゴールネットも、動いてはならず静止した状態にします。

ボールを前方に蹴る

ペナルティーキックは、ボールを前方に蹴ります。

例えば、自分がペナルティエリア内でファウルをもらったとします。
この場合、ペナルティーキックです。
なので、ボールをペナルティーマークの上に置いて静止させます。
静止させたボールを前方に蹴るというわけです。

こうして、ボールを前方に蹴ることが、ペナルティーキックのルールです。

ちなみに、ボールが前方に動くのであれば、インプレーなのでバックヒールも認められます。

キッカーとゴールキーパー以外の競技者は適正位置につく

ペナルティーキックは、キッカーとゴールキーパー以外の競技者は適正位置につきます。

例えば、ペナルティーマークから少なくとも9.15m(10ヤード)以上離れます。
もう少し言うと、ペナルティーマークの後方で、ペナルティーエリアの外かつペナルティーアークの外にキッカーとゴールキーパー以外の競技者は位置する必要があるというわけです。

こうして、キッカーとゴールキーパー以外の競技者は適正位置につくことが、ペナルティーキックのルールです。

ペナルティーキックで避けたいこと

ペナルティーキックで避けたいことが、キッカー、ゴールキーパー、キッカー以外でそれぞれいくつかあります。
これについて、サッカー競技規則の14条に記載されてます。

キッカーの場合

キッカーの場合、ペナルティーキックで避けたいことがあります。

2度蹴りする

2度蹴りすれば、反則になります。

例えば、ペナルティーキックをミスして、足がボールにうまくインパクトせずに、そのボールが少しだけ前方に転がったとします。
少しだけ前方に転がったボールを再びキッカーが蹴りました。
つまり、2度蹴りです。
この場合、ファウルになります。
結果、相手チームの間接フリーキック(ハンドの反則の場合、直接フリーキック)となるので、プレーが不利になるというわけです。

こうして、2度蹴りすることが、ペナルティーキックで避けたいことです。

後方に蹴る

後方に蹴れば、ファウルになります。

例えば、相手のペナルティーエリア内でファウルされて、ペナルティキックを得たとします。
なので、相手のペナルティーエリア内のペナルティーマーク上にボールを置いて静止させます。
そのボールを、味方のゴールに向かって蹴ります。
この場合、ファウルとなって相手の間接フリーキックになります。
結果、プレーが不利になるというわけです。

こうして、後方に蹴ることが、ペナルティーキックで避けたいことです。

助走完了後にフェイントする

助走完了後にフェイントすれば、ファウルになります。

例えば、ペナルティーキックを蹴るときに、キッカーが助走します。
キッカーが助走を完了した後に、ボールを蹴るためにフェイントをします。(わざと空振りするなどします。)
この場合、不正なフェイントとなるので、ファウルになります。
そうなれば、キッカーに傾向が提示され、かつ相手チームの間接フリーキックになります。
結果、プレーが不利になるというわけです。

こうして、助走完了後にフェイントすることが、ペナルティーキックで避けたいことです。

ちなみに、助走中にフェイントしてもファウルになりません。

ゴールキーパーの場合

ゴールキーパーの場合、ペナルティーキックで避けたいことがあります。

ボールを蹴る前にゴールラインから動く

ボールを蹴る前にゴールラインから動けば、警告を受ける可能性があります。

例えば、ペナルティーキッカーがボールを蹴るときに、守備側のゴールキーパーの片足がゴールライン上に触れてないとします。
この場合、ファウルとなってゴールキーパーが警告を受ける可能性があるというわけです。

こうして、ボールを蹴る前にゴールラインから動くことが、ペナルティーキックで避けたいことです。

ちなみに、ペナルティーキッカーがボールを蹴るときに、ゴールキーパーは、少なくとも片足の一部をゴールラインに触れさせているか、ゴールラインの上に位置させていなければなりません。

キッカー以外の場合

キッカー以外の場合、ペナルティーキックで避けたいことがあります。

キッカーの味方競技者が蹴る

キッカーの味方競技者が蹴れば、警告を受けます。

例えば、特定のキッカーがペナルティーマーク上にボールを置いて静止させます。
その特定のキッカーが助走して、明らかにペナルティーキックをする雰囲気を醸し出してます。
このときに、キッカーの味方選手が飛び出してきてペナルティーキックしました。
この場合、キッカーの味方選手が警告を受けるというわけです。

こうして、キッカーの味方競技者が蹴ることが、ペナルティーキックで避けたいことです。

ペナルティーエリアやペナルティーアーク内に入る

ペナルティーエリアやペナルティーアーク内に入れば、反則になります。

例えば、ペナルティーキッカー以外の選手が、ペナルティーエリアやペナルティーアーク内に入ります。
この場合、ペナルティーマークから9.15m(10ヤード)以内に侵入することになります。
そうなれば、競技規則違反です。
結果、反則になるというわけです。

こうして、ペナルティーエリアやペナルティーアーク内に入ることが、ペナルティーキックで避けたいことです。

まとめ:ペナルティーキックの意味を理解して、プレーを有利に進めよう

ペナルティーキックの意味を理解して、プレーを有利に進めましょう。
そのためには、まず特徴やルールを理解します。

一方、特徴やルールがわからなければ、プレーを誤ります。
そうなれば、ファウルや警告を受ける可能性が高まります。
結果、相手にチャンスを与えて、プレーが不利になるというわけです。

こうした悪い状況を回避するために、ペナルティーキックの意味を理解して、プレーを有利に進めましょう。

サッカーを知るには、プロの試合を見ることが重要!DAZN 無料体験はこちら⇒
DAZN

サッカーを知るには、プロの試合を見ることが重要です。

例えば、DAZNでJリーグや海外欧州リーグの一流のプレーを見るとします。
この場合、一流選手のテクニックや一流チームの戦術、公式ルールなどが実際にわかります。
そうなれば、自分のプレーと照らし合わせたり、確かなプレーや戦術をまねて練習できます。また、ルールの知識が深まります。
結果、プレーの質が向上したり、サッカーに詳しくなるというわけです。

こうして、プロの試合を見ることがサッカーを知るためのポイントです。

国内・海外サッカー中継数No.1!
\ やべっちスタジアム・内田篤人のFOOTBALL TIMEなどのサッカー専門コンテンツ豊富! /

DAZN 無料体験はこちら⇒
\【ドコモユーザーおすすめ】DAZNがセットのお得プランあり! /
DAZN for docomo 無料体験はこちら⇒

よく読まれてる記事

DAZNの評判は?口コミなど徹底紹介! 1
DAZNの評判は主に、Twitterのつぶやきなどの口コミからわかります。 この口コミには、良い評判と悪い評判が混在してます。 一方、評判がわからなければ、DA ...
サッカースパイクおすすめ10選!人気ランキングも【2021年版】 2
サッカーのスパイクは、メーカーごとにモデルがあります。 このモデルは定期的に刷新されます。 そうなれば、最新商品、型落ち商品、人気の定番商品がストックされて、数 ...

-基礎知識

© 2021 サッカーアルファ(α)