サッカーで強いシュートを打つコツは?蹴り方や打ち方、練習方法など徹底解説!

サッカーで強いシュートを打つコツは?蹴り方や打ち方など徹底解説!

サッカーで強いシュートを打つコツは、ボールの芯を捉えるなどいくつかあります。
これらのシュートのコツ(打ち方や蹴り方)を抑えれば、サッカーのシュート(プレー)の質が上がります。

一方、シュートのコツを無視すれば、弱いシュートになったり、空振りする可能性が高まります。
そうなれば、チャンスを逃したり、マイボールを失って不利なプレーが増えやすくなります。
結果、有利な試合運びができないでしょう。

こうした良くない状況を回避するために、サッカーのシュートのコツを抑えて、シュートの精度を高めましょう。

この点踏まえて今回は、サッカーのシュートのコツなど中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

サッカーのシュートのコツ(蹴り方や打ち方)

サッカーのシュートのコツがいくつかあります。

  • 体の力を抜く
  • 蹴りやすい位置から助走する
  • 軸足を踏み込む
  • 腕を大きく回して引く
  • ボールをよく見る
  • 足の甲付近の硬い部分でボールの芯を捉える
  • ボールを押し出す

体の力を抜く

サッカーのシュートのコツは、体の力を抜くことです。

例えば、ドリブルしてペナルティアーク付近からミドルシュートを打つとします。
シュートを打つ直前に一息吐いて、全身に入ってる余分な力を抜き脱力します。
つまり、体の力を抜くというわけです。
そうすれば、体の緊張が取れて柔軟性が増すので自然なフォームで正しく強いシュートが打ちやすくなるでしょう。

こうして、体の力を抜くことが、サッカーのシュートのコツです。

蹴りやすい位置から助走する

サッカーのシュートのコツは、蹴りやすい位置から助走することです。

例えば、ボールに対して斜め後ろに3歩~4歩程度下がります。
具体的には、ボールにインパクトするときに蹴り足を斜めに倒して、蹴り足の甲付近の硬い部分でインパクトできる位置まで下がって助走します。
つまり、蹴りやすい位置から助走するというわけです。
そうすれば、ボールを蹴るまでの無駄な動作やミスが減るので、強いシュートが打ちやすくなるでしょう。

こうして、蹴りやすい位置から助走することが、サッカーのシュートのコツです。

軸足を踏み込む

サッカーのシュートのコツは、軸足を踏み込むことです。

例えば、静止してるボールから斜め後ろに3歩~4歩程度下がった位置から助走します。
助走してボールの横に軸足を置いてその軸足に体重を乗せます。
つまり、軸足を踏み込むというわけです。
そうすれば、軸足で受け止めた前方へのパワー(身体が前方へ移動するスピード)が蹴り足に伝って、その蹴り足でボールをインパクトできます。
結果、威力のある強いシュートが打ちやすくなるでしょう。

こうして、軸足を踏み込むことが、サッカーのシュートのコツです。

腕を大きく回して引く

サッカーのシュートのコツは、腕を大きく回して引くことです。

例えば、助走すると同時に軸足と同じ側の腕を、自分のお腹と胸の間の高さで水平に円を描くように回します。
回した腕を自分のお腹と胸の間に引き戻します。
つまり、腕を大きく回して引くというわけです。
そうすれば、腕を引いた時の反発力が蹴り足に伝って、その蹴り足でボールをインパクトできます。
結果、威力のある強いシュートが打ちやすくなるでしょう。

こうして、腕を大きく回して引くことが、サッカーのシュートのコツです。

ボールをよく見る

サッカーのシュートのコツは、ボールをよく見ることです。

例えば、ボールを見ながら斜め後ろに3歩~4歩程度下がって蹴りやすい位置に立ちます。
その位置からボールのどの部分に蹴り足を当てるかを決めるために、ボールを見澄まします。
つまり、ボールをよく見るというわけです。
そうすれば、ボールの狙った部分に蹴り足をインパクトできるので、威力のある強いシュートも打ちやすくなるでしょう。

こうして、ボールをよく見ることが、サッカーのシュートのコツです。

足の甲付近の硬い部分でボールの芯を捉える

サッカーのシュートのコツは、足の甲付近の硬い部分でボールの芯を捉えることです。

例えば、助走して軸足をボールの横に置き、バックスイングした蹴り足の甲と土踏まずとくるぶしの間の骨の部分でボールの中心めがけてインパクトします。
つまり、足の甲付近の硬い部分でボールの芯を捉えるというわけです。
そうすれば、蹴り足でインパクトした力がまともに伝わるので、威力のある強いシュートが打ちやすいでしょう。

こうして、足の甲付近の硬い部分でボールの芯を捉えることが、サッカーのシュートのコツです。

ボールを押し出す

サッカーのシュートのコツは、ボールを押し出すことです。

例えば、助走して軸足をボールの横に置き、バックスイングした蹴り足の硬い部分でボールの芯を捉えます。
ボールの芯を捉えた蹴り足を真っすぐ振り抜いた勢いのまま一歩前くらいの位置に、その蹴り足で着地します。
つまり、ボールを押し出すというわけです。
そうすれば、助走のスピードによる前方へのパワーや反発力による蹴り足のパワー、蹴り足のインパクトによるパワーなどをボールにすべて伝えきることができるので、威力のある強いシュートが打ちやすいでしょう。

こうして、ボールを押し出すことが、サッカーのシュートのコツです。

サッカーで強いシュートを打つための練習のコツ(練習方法)

サッカーで強いシュートを打つための練習のコツ(練習方法)がいくつかあります。

  • パントキックで正面に蹴る
  • 地面に置いたボールに対して斜めに足を入れる

パントキックで正面に蹴る

サッカーで強いシュートを打つための練習のコツは、パントキックで正面に蹴ることです。

例えば、手に持ったボールを落として、そのボールが地面に着く前に蹴り足の甲(インステップ)でインパクトします。
インパクトするときには、垂直な壁やゴール、仲間などに向かって真っすぐ蹴ります。
つまり、パントキックで正面に蹴るというわけです。
これを繰り返します。
そうすれば、ボールの芯を捉える感覚が身に着くので、回転が少ない威力のある強いシュートを打つことにつながるでしょう。

こうして、パントキックで正面に蹴ることが、サッカーで強いシュートを打つための練習のコツです。

地面に置いたボールに対して斜めに足を入れる

サッカーで強いシュートを打つための練習のコツは、地面に置いたボールに対して斜めに足を入れることです。

例えば、地面に静止してるボールに対して少し斜め後ろに4歩~5歩程度下がった位置に立ちます。
その位置からボールに向かって助走して、そのボールの横に軸足を置き、蹴り足をバックスイングします。
蹴り足をバックスイングしたときに蹴り足の甲が地面に対して垂直にならないように意識しながらボールをインパクトします。
つまり、地面に置いたボールに対して斜めに足を入れるというわけです。
これを繰り返します。
そうすれば、蹴り足の甲(インステップ)でボールの中心を捉える感覚が身に着くので、回転が少ない威力のある強いシュートを打つことにつながるでしょう。

こうして、地面に置いたボールに対して斜めに足を入れることが、サッカーで強いシュートを打つための練習のコツです。

まとめ:サッカーのシュートのコツを抑えて、シュートの精度を高めよう

サッカーのシュートのコツを抑えて、シュートの精度を高めましょう。

一方、サッカーのシュートのコツを知らなければ、シュートの精度が下がります。
具体的には、蹴りづらい位置から助走したり、ボールの狙う部分を見忘れるなどすれば、ボールに蹴り足をインパクトしても威力のない弱いシュートになります。
結果、シュートチャンスを逃して得点できないので、有利な試合運びができないでしょう。

こうした悪い状況を回避するために、サッカーのシュートのコツを抑えて、シュートの精度を高めましょう。

-サッカーの記事一覧
-

©2022 サッカーアルファ(α)