【2022年最新】サッカーボールおすすめ10選!4号・5号の人気ランキングや選び方など徹底紹介

【2022年最新】サッカーボールおすすめ10選!4号・5号の人気ランキングや選び方など徹底紹介

サッカーボールは、メーカーごとにモデルがあります。
このモデルは定期的に刷新されます。
そうなれば、最新商品、型落ち商品、人気の定番商品、かっこいい商品などがストックされて、数多くのサッカーのボールであふれかえります。
結果的に、どのボールがおすすめなのかわからないというわけです。

こうした良くない状況を回避するために、サッカーボールのおすすめを参考にして、自分に合うボールを見つけましょう。

この点踏まえて、今回は、サッカーボールおすすめ10選など中心に、子供(幼児、小学生、部活をやってる中学生、高校生)や初心者にもわかりやすく紹介したいと思います。

サッカーボールおすすめの選び方

サッカーボールのおすすめの選び方をいくつか紹介します。

サイズから選ぶ

サッカーボールは、サイズから選ぶのがおすすめです。

例えば、小学生の息子にサッカーボールをプレゼントしたいとします。
この場合、基本的に1号、2号、3号、4号、5号のサイズから4号球(ボールの周囲68~70cm、直径(目安)22cm、重量410~450g)を選んでプレゼントします。
また中学生以上であれば5号球(ボールの周囲63.5~66cm、直径(目安)20.5cm、重量350~390g)を選びます。
さらに小学生以下であれば、3号球(ボールの周囲58~60cm、直径(目安)19cm、重量300~320g)を選びます。
つまり、成長過程に見合うサイズから選ぶのがおすすめというわけです。

こうして、サイズを考慮することが、サッカーボールのおすすめの選び方です。

耐久性から選ぶ

サッカーボールは、耐久性から選ぶのがおすすめです。

例えば、サッカーボールの素材には人工皮革、ゴム、EVAなどがあります。
これらの素材ではとくに、人工皮革の耐久性が優れてます。
この人工皮革を熱接合(サーマルボンディング、アセンテック)したり、縫いや貼りなどの製法を用いてサッカーボールを作ります。
縫いの製法では、手縫いと機械縫いがありますが一般的に手縫いのほうが耐久性が高いです。
つまり、素材や製法といったそれぞれの耐久性から選ぶというわけです。

こうして、耐久性を考慮することが、サッカーボールのおすすめの選び方です。

用途から選ぶ

サッカーボールは、用途から選ぶのがおすすめです。

例えば、サッカーでは、芝や土のグラウンドで練習・試合をしたり、ビーチサッカー、リフティングするなどのシーンがあります。
芝や土のグラウンドであれば、芝用や土用に対応したサッカーボールを選びます。
ビーチサッカーであれば、表面にクッション性があって裸足で蹴っても痛くない専用のサッカーボールを選びます。
リフティングであれば、通常よりもサイズが小さくて重たい専用のサッカーボールを選びます。
つまり、用途から選ぶというわけです。

こうして、用途を考慮することが、サッカーボールのおすすめの選び方です。

空気の抜けにくさから選ぶ

サッカーボールは、空気の抜けにくさから選ぶのがおすすめです。

例えば、サッカーボールの中身は空気です。
その空気の外側にチューブ、裏打ち布、ポリウレタン層、表面という順番で形成されるのがサッカーボールです。
とくにチューブは、芝用のラテックスチューブ素材と土用のブチルゴムやブチルチューブ素材に大きく分かれます。

芝用のラテックスチューブ素材のボールは徐々に空気が抜けるので空気が抜けやすいです。
一方、土用のブチルゴムやブチルチューブ素材のボールは、空気圧を長い間一定に保つことができるので空気が抜けにくいです。
つまり、チューブの素材による空気の抜けにくさから選ぶというわけです。

こうして、空気の抜けにくさを考慮することが、サッカーボールのおすすめの選び方です。

検定の有無から選ぶ

サッカーボールは、検定の有無から選ぶのがおすすめです。

例えば、サッカーボールは主に、JFA(日本サッカー協会)が定めた規格に合格した「JFA検定球」やFIFA(国際サッカー連盟)が定めた厳しい規格に合格した「FIFA国際公認球」、練習球(レプリカ)があります。
公式試合で使いたい場合は、「JFA検定球」や「FIFA国際公認球」といった検定有りを選びます。
サインボールなどの観賞用や公式戦以外の練習用で使いたい場合は、練習球(レプリカ)の検定無しを選びます。
つまり、検定の有無から選ぶというわけです。

こうして、検定の有無を考慮することが、サッカーボールのおすすめの選び方です。

サッカーボールおすすめ10選

サッカーボールは、最新や型落ち、定番、かっこいいものまで含めると数多くあります。
なので、どれがおすすめかわかりません。
そこで、サッカーボールの蹴り方を幾度となく模索してきたサッカー歴25年の筆者がおすすめを10個厳選して、人気ランキングと比較表交えて紹介したいと思います。

人気ランキング形式で紹介

サッカーボールのおすすめを10位から1位まで人気ランキング形式で紹介します。

10位ミズノ|リフティングボール

ミズノのリフティング用のサッカーボールblank

ミズノのリフティングボールは、レベルによってボールの大きさが選べます。
例えば、STEP1のレベル(難易度:低)ならボールの直径が約13cm、STEP2のレベル(難易度:高)ならボールの直径約10cmからそれぞれ選べます。
また、リフティングボールを使用して練習すれば、ボールの芯を捉えるスキルの向上や繊細なボールタッチの向上が期待できます。

サイズ約13cm
素材合成ゴム
製法-
検定・国際公認-
用途練習
対応環境芝/土/屋内
重量240g

9位ミカサ|SVC50VL 検定球

ミカサの日本サッカー協会検定球5号のサッカーボールblank

ミカサの日本サッカー協会検定球は、プレーヤーの要望に応える豊富なカラーバリエーションです。
また、耐久性やソフト感でバランスのとれた手縫い・人工皮革タイプです。
さらに、空気の保持性の良いブチルチューブを使用してるので、空気が抜けずらさが期待できます。

サイズ5号
素材フェイクレザー
製法手縫い
検定・国際公認あり(JFA)
用途試合/練習
対応環境芝/土
重量410-450g

8位アディダス|ツバサ プロ

アディダスのツバサプロのサッカーボールblank

アディダスのツバサプロは、大空を羽ばたく自由、大志の象徴としての翼(つばさ)の日本語より採用してます。
また、古来より日出国(日本)の太陽が宿る象徴である「八咫烏(やたがらす)」にデザインインスピレーションを得ており、革新的で象徴的なアーバンパネルシェイプに大空を羽ばたく自由を表現してます。
さらに、地模様のグラフィック部分には、キャプテン翼の作者 高橋陽一先生がオリジナルで書き下ろした大空翼・サッカー少女 楓を中心にキャラクターがイラストされ、男女問わずすべてのフットボールプレイヤーに向けられたツバサ試合球の特別モデルです。

サイズ5号
素材-
製法サーマルボンディング
検定・国際公認あり(JFA/FIFA)
用途試合/練習
対応環境-
重量350-390g

7位モルテン|ペレーダ5000

モルテンのペレーダ5000のサッカーボールblank

モルテン(molten)のペレーダ5000は、FIFA基準適合のペレーダトップモデルです。
また、耐久性の高い原反の採用とアセンテックテクノロジーによって真球性に優れ、ボールのどこを蹴っても同じ感触を実現してます。
長時間使用した場合でも大きくなりにくく、雨天時にも水を吸うことがほとんどありません。
さらに、低摩擦バルブを採用して空気注入時の摩擦力を低減(当社比 約40%低減)したことで、バルブが傷つきにくいです。

サイズ5号
素材フェイクレザー
製法サーマルボンディング
検定・国際公認あり(JFA/FIFA)
用途試合/練習
対応環境芝/土
重量410-450g

6位ミカサ|スマイルサッカー

ミカサのスマイルサッカーのサッカーボールblank

ミカサのスマイルサッカーは、EVA素材ならではのやさしい手ざわりでサッカーが初めてのお子様(幼児から小学生含めた子供)にも優しいボールです。
また、軽量感から力いっぱい蹴って遠くに飛ばす事ができます。

サイズ3号
素材EVA(特殊スポンジ)
製法-
検定・国際公認なし
用途練習
対応環境芝/土
重量150g

5位スフィーダ|VAIS ULTIMO

スフィーダのVAIS ULTIMO(ヴァイス ウルティモ)のサッカーボールblank

スフィーダのVAIS ULTIMO(ヴァイス ウルティモ)は、EAFF E-1サッカー選手権(EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ)2022公式試合球32パネルレプリカモデルのサッカーボールです。
このVAIS ULTIMOは、真球性・蹴り心地を高めたサーマル製法です。
また、雨天時のボールの吸水を防ぎ、砂防止バルブ付きのJFA検定球です。
さらにデザインは、世界を舞台に活躍する現代アーティスト山口歴氏によるもので、「この一球から光り輝く、希望ある世界への挑戦」をコンセプトにした高品質なボールです。

サイズ5号
素材合成繊維
製法サーマルボンディング
検定・国際公認あり(JFA)
用途試合/練習
対応環境オールシーズン
重量440-460g

4位アディダス|コネクト21 プロ キッズ

アディダスのコネクト21プロキッズのサッカーボールblank

アディダスのコネクト21プロキッズは、コネクト21レプリカ4号球のキッズ上位モデルです。
このコネクト21プロキッズは、新カラー赤・黄・青色の新配色グラフィクを採用してます。
また、表皮にディンプル加工を施してるので飛行中の空気抵抗によるブレを抑制します。

サイズ4号
素材人工皮革
製法-
検定・国際公認あり(FIFA)
用途試合/練習
対応環境-
重量370g

3位ミカサ|ALMUND

ミカサのALMUND(アルムンド)のサッカーボールblank

ミカサのALMUND(アルムンド)は、全国高校サッカー選手権大会や全日本大学サッカー連盟(JUFA)の公式試合球で日本サッカー協会検定球です。
もう少し言えば、国際サッカー連盟(FIFA)の最高品質であるFIFA Quality Pro規格に適合してます。
また、ボール構造を一新したことによって空気圧の保持力とリバウンドが向上してます。
リバウンドとクッション性能の向上によってスピードサッカーに対応してます。

サイズ4号/5号
素材人工皮革/ゴムチューブ
製法手縫い/貼り
検定・国際公認あり(JFA)
用途試合/練習
対応環境芝/土
重量350-390g

2位モルテン|ヴァンタッジオ5000キッズ

モルテンのヴァンタッジオ5000キッズのサッカーボールblank

モルテンのヴァンタッジオ5000キッズは、4つのキーパーソンが選手の情熱を支えて応援してる事を表現してるデザインです。
また、プレー中には白い部分がつながったラインとして見えるようにデザインした独自のパターンによって、プレーする人にも観客にもボールの動きが良く見えます。

機能面では、新しいトップコートを採用してミドルパスやロングパス、狙いを定めたシュートの飛行安定性を向上させてます。
これによって目的通りにボールが届けられることを実現しています。
このボールは、独自の熱接合技術によって手縫いでは不可能ななめらかで継ぎ目のない表皮構造を実現してます。
またどこを蹴っても同じ感触が得られます。
さらに、超低吸水性によって雨天時もほとんど水を吸うことはありません。

サイズ4号
素材人工皮革/ブチルチューブ
製法サーマルボンディング
検定・国際公認あり(JFA)
用途試合/練習
対応環境-
重量350-390g

1位モルテン|ペレーダ4000

モルテンのペレーダ4000のサッカーボールblank

モルテン(molten)のペレーダ4000は、独特の蹴り心地を生み出す特殊フォーム入り構造モデルです。
また、表皮の削れを抑えて撥水素材を組み込んだ特殊表皮を採用し、高耐摩耗性、低吸水性を実現してます。
さらに、ハードな使用を想定して特殊表面コーティングでペレーダロゴなどの印刷パネルをカバーしてます。(ソフトタイプを除く)
低摩擦バルブを採用して空気注入時の摩擦力を低減(当社比 約40%低減)したことで、バルブが傷つきにくくなってます。

サイズ4号/5号
素材フェイクレザー
製法手縫い
検定・国際公認あり(JFA)
用途試合/練習
対応環境-
重量410-450g

比較表で紹介

これまでに紹介したサッカーボールのおすすめを比較表にまとめて紹介します。

ランキング1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位
商品画像モルテンのペレーダ4000のサッカーボールblankモルテンのヴァンタッジオ5000キッズのサッカーボールblankミカサのALMUND(アルムンド)のサッカーボールblankアディダスのコネクト21プロキッズのサッカーボールblankスフィーダのVAIS ULTIMO(ヴァイス ウルティモ)のサッカーボールblankミカサのスマイルサッカーのサッカーボールblankモルテンのペレーダ5000のサッカーボールblankアディダスのツバサプロのサッカーボールblankミカサの日本サッカー協会検定球5号のサッカーボールblankミズノのリフティング用のサッカーボールblank
メーカーモルテンモルテンミカサアディダススフィーダミカサモルテンアディダスミカサミズノ
商品名ペレーダ4000ヴァンタッジオ5000キッズALMUNDコネクト21 プロ キッズVAIS ULTIMOスマイルサッカーペレーダ5000ツバサ プロSVC50VL 検定球リフティングボール
サイズ4号/5号4号4号/5号4号5号3号5号5号5号約13cm
素材フェイクレザー人工皮革/ブチルチューブ人工皮革/ゴムチューブ人工皮革合成繊維EVA(特殊スポンジ)フェイクレザー-‎フェイクレザー合成ゴム
製法手縫いサーマルボンディング手縫い/貼り-サーマルボンディング-サーマルボンディングサーマルボンディング手縫い-
検定・国際公認あり(JFA)あり(JFA)あり(JFA)あり(FIFA)あり(JFA)なしあり(JFA/FIFA)あり(JFA/FIFA)あり(JFA)-
用途試合/練習試合/練習試合/練習試合/練習試合/練習練習試合/練習試合/練習試合/練習練習
対応環境--芝/土-オールシーズン芝/土芝/土-芝/土芝/土/屋内
重量410-450g350-390g350-390g370g440-460g150g410-450g350-390g410-450g240g
商品リンク

サッカーボールおすすめの定番ブランド(メーカー)

サッカースパイクのおすすめ定番ブランドを紹介します。

モルテン

サッカーボールのおすすめの定番ブランド(メーカー)は、モルテン(molten)です。
このモルテンは、人の和を尊重し、全ての業務における専門技術の革新性を追求することで、高付加価値を世の中に提供し続ける会社です。
会社のサービスとしては、スポーツ用品(競技用ボールとスポーツエキップメント)の製造と販売、自動車用関連部品や医療・福祉・健康機器、親水機材、産業資材の製造と販売を手掛けてます。

とくに、スポーツ用品において、サッカーボールを提供してます。
サッカーボールでは、ペレーダ(peleda)が定番モデルです。

ミカサ

サッカーボールのおすすめの定番ブランド(メーカー)は、ミカサ(MIKASA)です。
このミカサは、受け継いできた技術を磨きながら世界に向けて新しい価値を提供する会社です。
会社のサービスとしては、「MIKASA」ブランドで親しまれ、世界から信頼される競技用ボール等のスポーツ用ゴム製品の製造・販売、船舶や社会を支える様々なインフラに欠かせない存在である水中軸受・船舶用ゴム巻等の工業用ゴム製品を製造してます。

とくに、競技用ボール等のスポーツ用ゴム製品において、サッカーボールを提供してます。
サッカーボールでは、SVC50VLが定番モデルでALMUNDが人気モデルです。

アディダス

サッカーボールのおすすめの定番ブランド(メーカー)は、アディダス(adidas)です。
アディダスは、スポーツに深く根ざし、消費者をすべての活動の中心に据え、従業員によって実現していく会社です。
会社のサービスとしては、スポーツ関連のシューズ、ウェア、アクセサリー、スニーカーなどの開発や販売を手掛けてます。

とくに、スポーツ関連の商品において、サッカーボールを提供してます。
サッカーボールでは、コネクト21プロやコネクト21プロキッズが人気モデルです。

プーマ

サッカーボールのおすすめの定番ブランド(メーカー)は、プーマ(PUMA)です。
プーマは、自社ブランド製品等の生産、輸出入、販売、またそれに付帯する事業を展開する会社です。
会社のサービスとしては、スポーツ関連のシューズ、ウェア、アクセサリーなどの開発や販売を手掛けてます。

とくに、スポーツ関連の商品において、サッカーボールを提供してます。
サッカーボールでは、プーマパークやプーマストリートが人気モデルです。

スフィーダ

サッカーボールのおすすめの定番ブランド(メーカー)は、スフィーダ(sfida)です。
スフィーダは、株式会社イミオが展開するフットボールブランドです。
会社のサービスとしては、スフィーダの運営やフットサルコート等スポーツ施設の運営・施工、フットサルコート予約システムRoots等を手掛けてます。

とくに、スフィーダのオンラインショップでは、サッカーボールを提供してます。
サッカーボールでは、VAIS ULTIMOが人気モデルです。

ナイキ

サッカーボールのおすすめの定番ブランド(メーカー)は、ナイキ(Nike)です。
このナイキは、革新的なスポーツイノベーションを生み出すことにより、人間の可能性を拡大するよう努めてる会社です。
会社のサービスとしては、スポーツ関連のシューズ、ウェア、アクセサリーなどの開発や販売を手掛けてます。

とくに、スポーツ用品において、サッカーボールを提供してます。
サッカーボールでは、ナイキピッチが人気モデルです。

サッカーボールおすすめ売れ筋ランキング

サッカーボールおすすめの売れ筋ランキングは、お店や集計期間(リアルタイム/デイリー/週間/月間)などによって異なります。
例えば、Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングごとに売れ筋のサッカーボールが異なります。

まとめ:サッカーボールのおすすめを参考にして、自分に合うボールを見つけよう

サッカーボールのおすすめを参考にして、自分に合うボールを見つけましょう。
そのためには、まず、サッカーボールの選び方を理解することが重要です。

一方、サッカーボールの選び方を知らなければ、サイズや耐久性、用途、空気の抜けにくさ、検定の有無などの特性を見逃します。
そうなれば、誤ったボールを購入する可能性が高まるというわけです。

こうした悪い状況を回避するために、サッカーボールのおすすめを参考にして、自分に合うボールを見つけましょう。

-サッカーの記事一覧
-

©2022 サッカーアルファ(α)