サッカーが上手くなるには?方法やコツなど徹底解説!

サッカーが上手くなるには?方法やコツなど徹底解説!

サッカーが上手くなるには、主に、サッカーの試合中に起こる様々な問題を解決できるように取り組みます。
取り組みの中で、謙虚さや素直さ、感謝が重要です。

一方、謙虚さや素直さ、感謝が欠ければ、人から学ぶことを拒んだり、人を思いやることができません。
具体的には、サッカーの良いプレーを見ても、そのプレーがなぜ良いプレーなのか考えなかったり、コーチの話を聞かないでコツを無視して練習したり、困ってる選手のパスコースを作ってサポートする動きなどができません。
そうなれば、人間的に成長しないので自分のプレーの質も向上しません。
結果、サッカーが上手くならない(うまくならない)というわけです。

こうした良くない状況を回避するために、サッカーが上手くなるコツを抑えて、有益なプレーを増やしましょう。

この点踏まえて今回は、サッカーが上手くなる方法やコツなど中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

サッカーが上手くなる = 問題を解決できるようになること

サッカーが上手くなるということは、問題を解決できるようになるということです。

例えば、サッカーの練習でうまい選手のプレーを見てまねたり、コーチの話をよく聞いてコツを抑えながらプレーしたり、練習の準備や後片付けの手伝いを積極的に行うなどします。
この場合、謙虚さや素直さ、感謝の気持ちに磨きがかかるので人間的に成長します。
人間的に成長すれば、サッカーの試合中で困ってる仲間をサポートするプレーや対峙した相手をテクニックで翻弄するプレーなどの良いプレーが増えやすくなります。
つまり、試合中の問題を解決できるようになるので、サッカーが上手くなるというわけです。

サッカーが上手くならない理由

サッカーが上手くならない理由は、サッカーを楽しめないからです。

例えば、グラウンドに石がたくさん落ちてたり、地面がでこぼこでピッチの状況が悪いとします。
この状況でサッカーのプレーをすれば、石につまずいて転んだり、足をくじいて捻挫して怪我しないかなど気になります。
また、周りにプレーの質が高い選手が多くて自分のプレーの質が劣ってると自覚してるとします。
この状況でサッカーのプレーをすれば、ミスして迷惑をかけたり、プレーの質が高い選手から怒られないかなど気になります。
これらの気になることによってサッカーを満喫できません。
つまり、サッカーを楽しめません。
サッカーを楽しめなければ、消極性が混在して積極的に学べないので成長につながらないでしょう。

こうして、サッカーを楽しめないので、サッカーが上手くならないというわけです。

サッカーが上手くなる時期

サッカーが上手くなる時期がいくつかあります。

プレ・ゴールデンエイジ(0歳から9歳まで)

サッカーが上手くなる時期は、プレ・ゴールデンエイジです。

例えば、0歳から9歳(小学3年生[低学年])までのプレ・ゴールデンエイジは、色々なところに興味が移ってしまったり、飽きっぽい側面もあります。
この場合、サッカーだけに集中することが難しいので、サッカー以外の「ごっこ遊び」や別の競技を取り入れるなどの工夫をして練習します。
そうすれば、いろいろな動作の経験によって神経回路を多方面から刺激できるので、ボールを足で扱うという1つの動作としてサッカーの楽しさを教えることができます。
サッカーの楽しさが認識できれば自然と集中力が高まるので、サッカーが上手くなります。
つまり、サッカーが上手くなる時期というわけです。

このように、プレ・ゴールデンエイジは、サッカーが上手くなる時期というわけです。

ゴールデンエイジ(10歳から12歳まで)

サッカーが上手くなる時期は、ゴールデンエイジです。

例えば、10歳から12歳(小学4年生から6年生[高学年])までのゴールデンエイジは、心身の発達が調和して動作習得に最も有利になります。
具体的には、サッカーに対する集中力が高まったり、運動学習能力が向上するので、大人でも難しい難易度の高い動作(サッカーに必要なあらゆるスキル)も即座に覚えれます。
そうなれば、サッカーが上手くなります。
つまり、サッカーが上手くなる時期というわけです。

このように、ゴールデンエイジは、サッカーが上手くなる時期というわけです。

ポスト・ゴールデンエイジ(13歳以降)

サッカーが上手くなる時期は、ポスト・ゴールデンエイジです。

例えば、13歳以降(中学1年生以降)のポスト・ゴールデンエイジは、筋・骨格系が急に発達して一時的に成長痛(オスグッド)に悩まされることもありますが、パワーやスピードが成長します。
具体的には、急激についてきた筋肉と成長した体格に順応できずに一時的にプレーの感覚を失うこともありますが、既に習得したサッカーの動きや技術を維持しながらさらに質を高めていくことができます。
そうなれば、サッカーが上手くなります。
つまり、サッカーが上手くなる時期というわけです。

このように、ポスト・ゴールデンエイジは、サッカーが上手くなる時期というわけです。

サッカーが上手くなる方法

サッカーが上手くなる方法がいくつかあります。

環境を整える

サッカーが上手くなるには、環境を整えます。

例えば、まず、サッカーをするために必要なサッカーボールや靴などの用具を揃えます。
また、スペインなどの欧州サッカーやブラジル、アルゼンチンなどの南米サッカーのメソッドを取り入れてたり、人材育成を兼ねてるチームやスクールを選びます。
つまり、環境を整えるというわけです。
そうすれば、「スキルの高いコーチ陣からの良い指導」「定期的なグラウンドの使用」「仲間との競争」などが確保できるので、上達しやすくなります。

こうして、環境を整えることが、サッカーが上手くなる方法です。

プレーを見る

サッカーが上手くなるには、プレーを見ます。

例えば、DAZNなどのサッカー配信サービスでプレミアリーグやラ・リーガ、セリエAといったプロの試合を観戦します。
また、地域のドームや競技場で行われてるJリーグのプロの試合や学生のアマチュアの試合を観戦します。
つまり、プレーを見ます。
そうすれば、質の高いスキルを見て自分で真似したり、不利なプレーを見てどうしたら有利にプレーできるか考えてプレーができるようになるので、上達しやすくなります。

こうして、プレーを見ることが、サッカーが上手くなる方法です。

ゲームでシミュレーションする

サッカーが上手くなるには、ゲームでシミュレーションします。

例えば、ウイニングイレブンやFIFAシリーズなどのサッカーゲームでコンピューターやオンラインのユーザーと対戦プレイをします。
また、練習メニューのモードを選んでプレイします。
つまり、ゲームでシミュレーションします。
そうすれば、ゲームをプレイするときのアングルがフィールドを俯瞰して見れるので、ボールが動いたときの選手の動き方やスペースの生まれ方などの全体的な状況が把握できます。
全体的な状況を把握する能力が身に着いて冷静な思考になるので、判断能力が向上して上達しやすくなります。

こうして、ゲームでシミュレーションすることが、サッカーが上手くなる方法です。

練習をする

サッカーが上手くなるには、練習をします。

例えば、キックやドリブル、パス、トラップ、ヘディングなどの基本的なスキルを反復します。
また、プランクやヒップリフトなどで体幹トレーニングしたり、腕立て伏せや腹筋、背筋で筋力トレーニングをします。
つまり、練習します。
そうすれば、ボールの扱うスキルが向上して、かつ相手に当たり負けしません。
結果、ボールを保持する能力が高まるので、上達しやすくなります。

こうして、練習をすることが、サッカーが上手くなる方法です。

まとめ:サッカーが上手くなるコツを抑えて、有益なプレーを増やそう

サッカーが上手くなるコツを抑えて、有益なプレーを増やしましょう。

一方、サッカーが上手くなるコツを無視すれば、プレーの質が下がります。
具体的には、練習をさぼったりしなければ、ボールに触れる機会が減ってボールの扱いに慣れないのでプレーの質が下がります。
そうなれば、試合でパスミスやシュートミス、クリアミスなどしやすくなります。
結果、チームメイトに迷惑をかけたり、試合に負ける可能性が高まるというわけです。

こうした良くない状況を回避するために、サッカーが上手くなるコツを抑えて、有益なプレーを増やしましょう。

-サッカーの記事一覧
-

©2022 サッカーアルファ(α)